リアルタイム浸水被害予測情報「あめリスク・ナウ」:藤沢市

※事前配布された認証情報が必要となります。この配布は本サイトでは行なっておりません。

「あめリスク・ナウ」の実証実験について

このサイトでは、最新のMPレーダ(マルチパラメータレーダ)の 10分間毎の500m分解能の高精度雨量情報を用いて、1時間先のナウキャストを行っています。このデータを用いて、市全域の簡易高速・高分解能の浸水深シミュレーションを行い、10分毎・10m格子のリアルタイム浸水被害予測情報を表示しています。また、市内に浸水センサーを複数個所設置して、内水氾濫等の監視を行っています。本実証実験は国立研究開発法人防災科学技術研究所と神奈川県藤沢市が共同して試験的に行っているものです。

これまで各地で発生した浸水被害状況を基に、簡易浸水予測モデルを作成し、浸水被害危険度を計算していますが、まだ、不十分な点が多くあります。今後、より細かな地形情報や土地利用情報を反映させ、予測精度の向上を図ると共に、住民の方々の浸水危険度認識状況を考慮した地域の浸水被害危険度情報を提供できるよう努力してまいります。

なお、ここで計算された浸水被害危険度結果は試験的に表示しているもので、その利用に際しては防災科学技術研究所と藤沢市は一切の責任を負いませんのでご理解下さい。

様々な機関・団体の災害対応に利活用が可能な情報として発展していけるよう研究開発を進めて参りますので、ご協力いただけますようよろしくお願いいたします。

国立研究開発法人 防災科学技術研究所

(c) National Reserach Institute for Earth Science and Disaster Prevention